小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


受動喫煙防止対策に助成金の活用を!!


こんばんは、社長の雑用をゼロにする仕組みを作る社労士の小林です。

厚生労働省が、受動喫煙防止対策に関する各種支援事業を行っているのをご存じですか?

 

019905

 

受動喫煙防止対策助成金制度を始め、受動喫煙防止対策に係わる相談支援としての専門家による相談窓口の設置、実地指導や説明会の開催も実施しています。

ここでは、受動喫煙防止対策助成金制度について説明したいと思います。

この助成金は、中小企業事業主が喫煙室以外での喫煙を禁止するために喫煙室を設置するなどの取組みに対し助成することにより、事業場における受動喫煙防止対策を推進することを目的としています。

一定の要件を満たす喫煙室の設置に必要な経費を助成してもらえるので、職場に喫煙者と非喫煙者が混在していて、どちらかが我慢を強いられている、ヘビースモーカーの得意客をなんとかしたい、あるいは社長がヘビースモーカーで、社員の前で吸いづらい、といったお悩みがあれば、ぜひ助成金を活用して喫煙室を設置してください。

本日(平成25年6月25日(火))、助成金に係わるQ&Aの改正が厚生労働省のHPに新たにアップされていますので、そちらも合わせてご参照ください。

受動喫煙防止対策に関する各種支援事業|厚生労働省

「受動喫煙防止対策助成金に関する質疑応答集(Q&A)について」の一部改正について


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2014年01月06日
人事と法の対話
2014年01月04日
目覚めよ!生きよ!

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ