小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


労務トラブルが起きてしまったら?


多様な働き方の増加、インターネットによる情報の氾濫、労働者の権利意識の高まり等労働を取り巻く環境の変化に伴い、個々の労働者と事業主との間の紛争(個別労働紛争)が増加していますが、裁判で解決するには多くの時間と費用がかかります。

私の役目のひとつは労務トラブルの起こらない職場をつくることですが、、人間は感情の生き物です。感情のもつれから、トラブルが起きてしまうこともあります。

OZPA_ni-soniashigenisarerusyachiku500

個別の労働紛争の解決には、職場慣行を踏まえた円満な解決を図るのが望ましく、都道府県労働局において、無料で個別労働紛争の解決援助サービスを提供し、個別労働紛争の未然防
止、迅速な解決を促進することを目的として、「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」が施行され、この法律に基づいて、次の制度が用意されていま
す。

  1. 総合労働相談コーナーにおける情報提供・相談
  2. 都道府県労働局長による助言・指導
  3. 紛争調整委員会によるあっせん

総合労働相談コーナーでは、解雇、雇い止め、配置転換、賃金の引き下げ等労働条件以外にも、募集・採用、いじめ等労働問題に関するあらゆる分野についても、労働者、事業主どちららの相談でも、応じています。

個別労働紛争解決制度は、労働者の利用ばかりが脚光を浴びていますが、事業主が利用することもできます。事業主の皆様も、職場でいじめなどの問題が起きたときに、利用してみてはいかがでしょうか。

職場のトラブル解決をサポートします | 厚生労働省


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ