小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


小学校入学


小学校に入学したときのことは、少し覚えています。叔母にもらったランドセルをしょい、母に連れられて小学校に行き、はじめての教室に入り、ランドセルを机の上に置きました。

驚いたのは、6年生の図体のばかでかさです。6年生ってこんなにでかいのか!!

おとなしかった私は、しばらく友人ができず、午後の日差しを受けた校舎西側の壁にたたずみ、ドッジボールに興じる同級生たちをぼんやり眺めていました。

小学校1年生のとき、東京オリンピックが開催されました。小学校の行事としてマラソンの応援に行ったような記憶が残っています。


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2012年12月16日
化学大好き少年時代

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ