小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社長、就業規則を作る目的は何ですか?


こんばんは、東京多摩地区で小さな会社の採用・定着を支援している社労士の小林です。

社長に質問があります。

御社で就業規則を作る目的は何ですか?

1.監督署に是正勧告を受けたから
2.法律で義務づけられているから
3.助成金を貰うために必要だから
4.労務トラブルを回避したいから
5.いい会社にしたいから

上記1.〜3.までのどれかが目的で、お金をかけるのは嫌だ、うちは労務トラブルなんて起きたことは無いし、今後も起きるはずがない、もともといい会社だから、これ以上会社を良くする必要はない、とお考えなら、ネットから雛形をダウンロードして、社名を挿入、後は休日、就業時間、賃金締切日と支払日を編集して、はいお終い。

1時間もあれば、ただで出来ますよ。

 

4.の「労務トラブルを回避したい」のなら、ある程度時間とお金をかけて下さい。社長がトラブル事例に詳しいのなら自分で作るのがいいでしょう。

そうでなければ、労働法や労務トラブル事例に詳しい社労士(弁護士でもかまいませんが)に、ある程度のお金を払い、時間もかけて作りましょう。

例えば、どうしても仕事を覚えない社員を辞めさせるにはどうしたらいいのか?

病気で長期休業が必要な社員を、いつまで面倒を見るのか?

パワハラ・セクハラ問題にどう対応するのか?

等々です。

 

5.の「いい会社にしたい」のなら、更に時間もお金もかけて下さい。

社長の思いだけで就業規則を作るのではなく、社員の代表もメンバーに加える必要があります。

労働法や労務トラブル事例に詳しいだけでなく、いい会社をつくるお手伝いができる社労士も必要になります。

いい会社を作りたい社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

042-558-2744

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA86_purezenok15135259-thumb-1000xauto-14189


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2013年02月19日
ゴッドファーザー

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ