HOME > よくある質問

よくある質問

社会保険労務士とは?

 社会保険労務士とは昭和43年に制定された「社会保険労務士法」に基づく国家資格者であり、管轄官庁は厚生労働省です。  主な業務は「社会保険労務士法」に以下の通り定められています。

  1. 労働社会保険諸法令に基づく行政機関等へ提出する申請書等の作成
  2. 申請書等の提出代行
  3. 労働社会保険諸法令に基づく行政機関等の調査・処分等に対してする主張・陳述の代理
  4. 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
  5. 労務管理及び社会保険に関するコンサルティング

 上記業務のうち、社会保険労務士以外のものは、最後のコンサルティング業務を除いて、業として行うことはできません。(社会保険労務士法第27条)

社会保険労務士に業務委託するメリットは?

  1. 企業経営に専念できます。
    −事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続から開放されます。
  2. 人件費の節減につながります。
    −担当の事務員を配属する必要がなくなります。
  3. 事務手続の改善につながります。
    −行政機関に提出する申請書・届出書・報告書も迅速かつ正確に作成します。
  4. 経営の円滑化
    −労働社会保険諸法令はきわめて頻繁に改正されます。事業主は法令改正を気にする必要がありません。うっかり給与から控除する社会保険料・雇用保険料を間違える心配がありません。また、各種給付金・助成金の貰い忘れがなくなります。
  5. 労使トラブルの未然防止・紛争解決
    −解雇、セクハラ、残業代未払いなどの労使トラブルを未然に防止できます。万が一トラブルが発生した後でも迅速かつ誠実に対処いたします。

 当事務所においては事務手続及び人事・労務管理コンサルティングに関して 迅速・正確・親身な対応、秘密厳守を心がけておりますので 安心して、お任せ下さい。



お役立ち情報

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp

Page Top