小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


メルマガ第25号を配信しました


こんばんは、ものづくりを応援する社労士の小林です。

12月18日(水)の午後、神田で水町勇一郎町東大教授のセミナーに参加してきました。

冷たい雨が今にも雪に変わりそうな寒い日でしたが、会場は100名近い社労士で熱気にあふれていました。

セミナーのテーマは労働法の今後について、でした。

弁護士や社労士のセミナーに参加することはあっても、大学教授のセミナーには滅多に参加しません。

弁護士や社労士は、ごく一部の例外を除いて、ほぼ経営者側の話ばかりなので、中立的な学究の徒の話はとても参考になりました。

水町教授は、服装こそジーパンにジャケットというラフな出で立ちでしたが、いかにも大学教授といった立ち居振る舞いでした。

人は職業生活を続けるちに、その職業らしさが身についてくるんでしょうね。

さて、幸い雨が雪に変わることはありませんでしたが、悲しいかな、私は急いで帰らねばならなかったので、休憩時間に退席しました。

2時間のセミナーの話を半分しか聞かずに帰るのは、とても残念です。

田舎に住むということは時間をとても無駄にしている、とつくづく思いました。

都心に住んでいたら、最後まで話を聞いても、私が帰宅するより早く帰宅できるんですよね!!

ああ、前置きが長くなってしまいました・・・

今回のメルマガ、テーマは「特別な休暇制度を導入しよう」です。

従業員が安心して働くことができるように、更にモチベーション向上のために、優秀な従業員の確保・定着のために、従業員の満足度を向上させるために、年次有給休暇制度、慶弔休暇制度から一歩進んで、特別休暇制度を導入してみてはいかがでしょうか。

登録は、以下からお願いします。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=kobayashi

今から登録しても、今回のメルマガは配信されませんが、読者の方には、バックナンバーも公開しているので、過去のメルマガ全部読めますよ。

読者の方には、明日の午前8時に配信されます。

filename49


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ