小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


10月1日から健保給付の対象が拡大します


こんにちは、日曜日も仕事をしている闘わない社労士の小林です。

今まで、健康保険は業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産に対して保険給付を行っていました。

a1180_006739

「何を今さら」という声も聞こえてきそうですが・・・

業務」とは「人が職業その他社会生活上の地位に基づいて、継続して行う事務又は事業の総称」と解釈されています。

したがって、請負業務インターンシップ又はシルバー人材センターの会員が業務を行っているときに負傷した場合は、健康保険から保険給付は行われず、また、労災保険からも保険給付が行われないケースが生じていました。

以上のようなケースを解消するため、健康保険法の一部が改正され、健康保険では、被保険者又は被扶養者の労働者災害補償保険の業務災害以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に対して保険給付を行うこととなります。

ただし、被保険者又は被扶養者が法人の役員である場合であって、その法人の役員の業務に起因する疾病、負傷若しくは死亡に対しては、引き続き健康保険から保険給付を行うことはできないので注意してください。

でも、被保険者の数が5人未満である適用事業所に使用される法人の役員であって、一般の従業員が従事する業務と同一である業務を遂行している場合において、その業務に起因する疾病、負傷若しくは死亡に対しては、健康保険から保険給付が行われますので、ご安心を。

健康保険と労災保険の適用関係の整理について

健康保険の被保険者又は被扶養者の業務上の負傷等について(平成25年10月から)


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ