小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


日本の技能検定方式がベトナムで採用


こんにちは、製造業で15年間働いていた社労士の小林です。

007628

製造業にとってうれしいお知らせがあります。

8月2日、中央職業能力開発協会(JAVADA)は、ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省と技能検定にかかる覚書を結びました。

これにより、正式な国家検定として、ベトナムの技能試験が日本の方式で実施されることになりました。

日本の技術力・技能レベルの高さを証明するものであり、今後の経済成長が期待されるベトナムで日本の技能検定が採用されたことは、本当にうれしい限りです。

日本の技能検定が他の東南アジア諸国にも広がることを期待します。

詳細は以下のリンクをご参照ください。

日本式の技能検定をベトナムへ。海外で初めての覚書を署名しました


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ