小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社員の安全・健康に積極的に取り組もう


こんばんは、社長の思いに共感する自律的な社員を育て、社長の雑用をゼロにする仕組みを作る社労士の小林です。

厚生労働省は、安全・健康に対する意識変革を促進するための取組を明らかにしました。

取組内容は、労働安全衛生法改正案に盛りこみ、次期通常国会に提出予定です。

安全衛生対策に積極的に取り組み、良好な労働環境を維持している企業については積極的にホームページ等で公表することを推進し、求職者が労働環境の良い企業を容易に把握できるようにします。

逆に、重大な労働災害を繰り返す企業に対しては、企業単位で改善計画の作成を指示する、企業に勧告を行う、さらに指示や勧告に従わない場合に企業名を公表する、などの仕組みを行う予定です。

ちなみに、アメリカにおいては、企業の申請に基づき、安全衛生への取組状況を書面審査、実地調査によって評価し、3段階に格付されています。参加が認められた企業は、格付レベルに応じて、一定期間、労働安全衛生庁の定期検査を免除されます。

社長の会社でも、社員の安全・健康に積極的に取り組み、意識の高い社員を採用したいと思いませんか?

E146_cyoushinki500

「安全・健康に対する意識変革を促進するための取組(優良な企業が社会的に評価される仕組みの構築)」(厚生労働省)

社員の安全・健康に積極的に取り組みたいと思っている社長は以下からお問い合わせください。

経営者様限定ですが、初回のみ無料お問い合わせ受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ