小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


働きやすい職場づくりで300万円の助成金!!


こんばんは、社長の雑用をゼロにし、自律的な社員が育ち、社長と社員が共感する職場をつくる社労士の小林です。

厚生労働省は「働きやすい・働きがいのある職場づくり」プロジェクトをスタートしました。

厳しい雇用失業情勢の中で、中小企業、得に健康、環境分野等の中小企業は雇用創出の中核的な担い手となっていますが、人材確保・職場定着が課題となっています。

相も変わらず大企業志向が強い学生!!

採用意欲がありながら、学生に見向きもされない中小企業!!

なんたるミスマッチ!!

このミスマッチこそが、就職難の大きな要因のひとつとなっています。

成長分野等新規参入で知名度の低い中小企業の人材確保は困難を極めています。

厚生労働省は、このミスマッチを解消すべく、成長分野中小企業の雇用管理改善の取組を支援し、魅力ある雇用創出を図る「働きやすい・働きがいのある職場づくり」プロジェクトをスタートしたところです。

平成25年度は「働きやすい・働きがいのある職場づくり」の好事例を収集、ケースブックを作成。

翌26年度は、ケースブック等で収集した「働きやすい職場・働きがいのある職場」の好事例を広く普及、セミナーなどの実施。

そして、いよいここからが助成金による支援となります。

ひとつは、中小企業労働環境向上助成金(団体助成コース)・・・これは、中小企業団体(事業協同組合等)に対する助成金で、600万円~1,000万円もの助成を受けられますが、団体に関する助成金なので、詳細に関してはここでは割愛します。

043155

もうひとつは、中小企業労働環境助成金(個別中小企業助成コース)・・・これこそが、個別の中小企業に対する助成金で、個別に制度を導入し、雇用管理の改善に取り組んだ中小企業に助成金を支給するものです。

具体的には、評価・処遇制度の導入・実施で40万円を助成、教育訓練制度の導入・実施で30万円を助成、法定外の健康診断・メンタルヘルス相談等の制度導入・実施で30万円を助成(介護事業所のみ)、介護福祉機器等を導入した場合、導入費用の1/2を助成(上限300万円)(介護事業所のみ)、となっています。

まだ先の話ではありますが、働きやすい職場を作り、ちゃんとした評価・処遇制度で人材の確保・定着を図りたい中小企業の社長さんは、頭の片隅に入れておいてくださいね。

初回相談は無料です。

経営者様限定ですが、初回のみ無料お問い合わせ受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2013年10月27日
非常識なホルモン会

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ