小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


女性が活躍できる職場を作ろう


厚生労働省は、男女雇用機会均等法に定めるポジティブ・アクションの推進を図るため、各事業所で人事労務管理の方針決定に携わる方を「機会均等推進責任者」として選任し、都道府県労働局雇用均等室に届け出をするよう求めています。

ポジティブ・アクションとは、 固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から、営業職に女性はほとんどいない課長以上の管理職は男性が大半を占めている等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。

たとえば、管理職が極めて少ない職場において、「今後3年間に女性の管理職を20%増やす」「女性のみ対象とした管理職候補者研修を行う」等が考えられます。

男女雇用機会均等法では、性別を理由として差別的取扱いをすることを原則禁止していますが、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保の支障となっている事情を改善することを目的として女性労働者に関して行う措置を講ずることを妨げるものではない」(第8条)と規定されているため、男女の格差を埋めるために行う女性優遇策は法違反ではありません

機会均等推進責任者」には、労働局雇用均等室から、各種セミナーの開催案内や男女雇用機会均等法などの資料、行政情報、先進事例の紹介など最新の情報が提供されます。

御社でも、女性が働きやすく活躍できる職場を作るために、「機会均等推進責任者」を選任してみませんか。

機会均等推進責任者の職務は主に以下の通りです。
(1) 次のことに関し、関係法令の遵守のために必要な措置を検討し、実施するとともに、必要に応じ事業主等に対する進言、助言を行う。
(イ) 男女雇用機会均等法に定める性差別の禁止、職場におけるセクシュアルハラスメントの防止及び母性健康管理に関すること。
(ロ) 労働基準法に基づく男女同一賃金の原則及び母性保護の規定に関すること。
(2) 女性労働者が活躍しやすい職場環境をつくるポジティブ・アクションの推進の方策について検討し、必要に応じ事業主等に対する進言、助言を行うとともに、その具体的取組が着実に実施されるよう促す。
(3) 事業所において、女性労働者が能力発揮しやすい職場環境の整備に関する関心と理解を喚起する。
(4) 機会均等推進責任者の職務について、労働局雇用均等室との連絡を行う。

ポジティブ・アクションとは | 厚生労働省-ポジティブ・アクション宣言

機会均等推進責任者選任について

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_s


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ