小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


「ポジティブ・オフ」運動で職場改革?


観光庁が主体となり、内閣府、経済産業省、厚生労働省が共同して推進するという、「ポジティブ・オフ」運動がスタートしました。

「ポジティブ・オフ」運動とは、「休み=オフ」を「前向き=ポジティブ」にとらえ、休暇を取得して外出や旅行を楽しむことを積極的に促進する取り組みのことだそうです。

a1180_007215

短期的には、電力需給対策としての節電と、外出や旅行の促進による地域経済活性化の両立を目指し、長期的には、休暇を楽しむライフスタイルやワーク・ライフ・バランスの実現といった「ライフスタイル・イノベーション」につなげていくことを目指しているようです。

本当に、役所は横文字が好きですねえ・・・

観光庁は、休業・休暇や福利厚生の制度を活用し、従業員の外出や旅行をサポートするなど、「ポジティブ・オフ」運動に賛同する企業を募集しています。

賛同企業は、観光庁ウェブサイト内「ポジティブ・オフ」のページに、取り組み内容や企業ロゴなどが掲載されるということですが、従業員の心身の健康やワーク・ライフ・バランスを大切に考えている企業はとっくに実施していると思いますが。

役所のお墨付きをいただくことにより、企業イメージをアップしたい会社は是非、取り組んでみてください。

役所が音頭を取らなければ、休暇が取れないような会社に対しては、助成金でも支給するしかないでしょう。

もっとも、そういう会社は助成金だけが目的で、従業員に休暇を与えることになりかねませんが。

観光庁ウェブサイト「ポジティブ・オフ」


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ