小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


自分が抱えた仕事を誰にも教えない、手放そうとしない社員をどうするか(単純事務職編)


小さな会社によくいる、特定の仕事を1人の社員が後生大事に抱え込んでしまい、決して手放そうとせず、誰にも教えようとしない困った社員。

今回は、単純な事務作業を抱え込んでいる社員について考えてみたいと思います。

事務員として入社して早10年、彼女(のことが多い)の仕事は、入退社の手続と給与計算、あとは庶務的なことが中心です。

社員も増えてきて、深夜まで残業しなければ給与計算も終わりません。

社長としては、彼女の事務負担を下げたいと思います。給与も高くなってきたので、ルーチンワーク中心の単純な仕事から、営業や企画的な仕事もやってもらいたいと思い、給与計算や手続業務を他の社員と手分けしてやってもらおう、あるいは外注に出そうとします。

すると、彼女は猛反発、私の仕事を盗るんですか、クビにしたいんですか、今や最古参社員となった彼女には社長も逆らえません。

結局うやむやに・・・

まことに困った社員ですが、こんな困った社員が存在するのは社長自身や職場そのものに原因があります。社員が社長を信用していないから、職場のコミュニケーションがとれていないから、全社一丸となってひとつの目標に向かって協力しあえる仕組みがてきていないから、困った社員がでてきてしまうんです。

a0002_008632


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ