小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


パートタイマーのやる気を引きだし、職場を活性化するには


職務等級制度あるいは役割等級制度を導入することにより、パートタイマーのやる気を引きだし、職場を活性化することが可能となります。
パート

一般的には、職務等級制度は、詳細な職務分析が必要であるのに対し、役割等級制度は、役割の大きさに対する分析で済むといった違いがあります。

とは言え、人事コンサルタントにより、定義づけは異なり、誰もが納得する厳密な定義づけはなされていません。

ここでは、職務(役割)等級制という書き方により、同じ制度としておきます。

パートタイマーに対し、公平性、納得性の高い職務(役割)等級制度を導入することにより、会社のイメージアップ、優秀な人材の確保、定着に資することができます。

皆様の会社でも、正社員はもとより、パートタイマーにも職務(役割)等級制度を導入して、社員のやる気を引きだし、職場を活性化、ひいては売上アップにつなげてみませんか。

厚生労働省は、パートタイマーと正社員の待遇の均等・均衡を図るため、それぞれの仕事の大きさを点数化して比較する「要素別点数法による職務評価の実施ガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)を作成しています。
要素別点数法による職務評価のガイドラインを作成しました|報道発表資料|厚生労働省

バートタイマーに対する職務(役割)評価の概要は以下をご参照ください。
要素別点数法による職務評価の実施ガイドラインの概要(リーフレット)(PDF:1172KB)

パートタイマーに対する人事制度の導入には、以下のサイトが参考になります。
パート労働ポータルサイト


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ