小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


健保の被扶養者、請負作業中のけがの保険適用検討へ


小宮山洋子厚労相は、健康保険の被扶養者が請負契約で作業中にけがをしても健康保険も労災保険も適用されず治療費が全額自己負担になるケースがあるということか保険が適用ができるよう検討するようです。

例えばシルバー人材センターでは、会員の高齢者が請負で作業した場合は雇用関係にないため労災保険が適用されません。

その上、健康保険の被扶養者となっている会員は作業が「業務」にあたるとして健康保険も適用されません。

労災保険も健康保険も適用されないんじゃ、あまりにもひどすぎます

学生のインターンシップや主婦の内職などでも同様に保険が適用されないケースがあるようです。

早く、保険が適用されるようにしてもらいたいと思います。

労働

請負作業中のけが、保険適用検討へ 健保の被扶養者対象  :日本経済新聞


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ