小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


障害者が能力を発揮できる職場をつくろう


独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、障害者雇用において雇用管理、雇用環境等を改善・工夫、様々な取組を行っている事業所の中から、他事業所のモデルとなる好事例を募集しています。

車いす

これは、好事例を広く周知することにより、事業所における障害者の雇用促進、職域拡大、職場定着促進を図るとともに、障害者雇用に関する理解の向上に資することを目的としているものです。

平成24年度は、継続(長期)雇用のために、障害者のキャリアアップ、加齢に伴う問題に取り組んだ、以下に掲げる職場改善好事例を募集しています。

1.能力開発、職務創出、社内体制整備に取り組むことでキャリアアップを図った職場改善好事例
2.加齢に伴う問題に対応するために、雇用管理上の工夫、社内体制整備に取り組んだ職場改善好事例
3.支援制度の活用や支援機関との連携により、障害者のキャリアアップや加齢に伴う問題に取り組んだ事例

優秀な事例には、最優秀賞(厚生労働大臣賞)、優秀賞(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長賞)、奨励賞(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長賞)が贈られます。

この機会に、みなさんの会社でも、障害者が真に能力を発揮できる職場づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

平成24年度障害者雇用職場改善好事例募集:
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構


こちらも合わせてお読みください

2012年12月16日 昆虫大好き少年時代

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ