小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社員同士のコミュニケーションは活発ですか?


こんばんは、東京多摩地区で小さな会社の社員の成長を支援している社労士の小林です。

先日、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」という映画を見ました。

第二次世界大戦中、ドイツ軍の暗号を解読したイギリスの天才数学者、アラン・チューリングの実話をもとにした映画です。

イギリス軍の暗号解読部隊に採用された彼は、数学の天才ではあるものの、傲慢で自己中心で、決して一緒に働く仲間と打ち解けませんでした。

誰にも相手にされず、ひとりぼっちで暗号解読に取り組む彼でしたが、中途採用された職員は彼のよき理解者でした。

よき理解者と巡り会ったのをきっかけに、一緒に働く仲間の大切さを知った彼は、次第に同僚と打ち解けていきます。

そして、固い絆で結ばれた仲間との協力のもとで、見事ドイツ軍の暗号「エニグマ」の解読に成功します。

同僚との活発なコミュニケーション、固い絆がなければ、いくら天才数学者とはいえ、暗号解読の偉業を成し遂げることはできなかったでしょう。

これは、会社にもそのまま当てはまります。

いくら仕事ができても、同僚とコミュニケーションを取らず、傲慢で自己中心な社員がいては、偉業どころか、会社の業績も停滞を余儀なくされるでしょう。

社長の会社は社員同士のコミュニケーションは活発ですか?

固い絆で結ばれていますか?

そうでもない・・・ですか?

でも、安心してください。

とっておきの方法があります。

カードを使ったゲーム感覚の楽しいワークショップで、社員同士のコミュニケーションが活発になります、固い絆で結ばれるようになります。

IMG_2002

12801441_959218460836415_3878823497699981656_n

カードを使った楽しいワークショップに興味おありの社長様、初回相談は無料です。

以下から、お問い合わせください。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

042-558-2744


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ