小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


ジョブ・カードの活用で能力本位の採用を


ジョブ・カード制度とは、正社員経験の少ない人を対象に正社員となることを目指す制度です。
2&\hl2s
正社員として働くことを希望する人は、まず、ハローワーク等でジョブ・カードを活用したキャリア・コンサルティングを受けます。次に、企業、教育訓練機関等で実践的な職業訓練を受講し、訓練修了後に評価を受け、ジョブ・カードにとりまとめて就職活動に活用していきます。

ジョブ・カード作成のメリットとして、自分の能力や職業意識を整理することができる、資格以外の自分のPRポイントが明確になる、目標が明確になり、応募書類の準備など就職活動に活用できる点があげられます。

厚生労働省では、ジョブ・カードを採用面接に取り入れる企業(ジョブ・カード普及サポーター企業)を募集しています。

ジョブ・カードには求職者の仕事に対する意欲がわかる、キャリア・コンサルタントのコメントがある、自社が求める職業能力を持っているか判断する際の参考になる、といった特徴があります。

ジョブ・カード普及サポーター企業として登録することにより、企業名などが厚生労働省のホームページに公表されるため、能力本位で人材を採用する企業であることをPRできます。

御社でも、能力本位で人材を採用していることをアピールしてみませんか。

ジョブ・カード制度(ジョブ・カードを採用面接に取り入れる企業募集のお知らせ) | 厚生労働省


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ