小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


情報漏洩対策7つのポイント


こんばんは、東京多摩地区で社員の定着を支援している社労士の小林です。

これまで、保有する個人情報の合計件数が5,000件を超えない事業者は、個人情報保護法の適用対象外とされてきましたが、改正個人情報保護法施行後は、1件でも個人情報を保有すれば、同法を順守しなければならなくなります。

ミラサポで「情報漏えい対策7つのポイント」を公開しています。

1.パソコンや電子媒体、書類などの企業の情報資産を許可なく、持ち出さない

2.プリントした書類や、離席中のパソコンなどを未対策のまま目の届かない所に放置しない

3.機密情報の書類やCD-ROMなどを未対策のまま廃棄しない

4.私物のパソコンやUSBメモリ、プログラム等のデータを許可なく社内に持ち込まない

5.IDやパスワード、鍵などの個人に割り当てられた権限を許可なく貸与または譲渡しない

6.業務上知り得た情報を許可なく、公言しない

7.情報漏洩を起こしたら、自分で判断せずにまず報告

bsgreen_Floppyookawa20141024222308

いずれも、社内規程に定め、従業員教育を徹底する必要があります。

お困りの社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

042-558-2744

 


こちらも合わせてお読みください

2012年12月16日 昆虫大好き少年時代

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2013年01月14日
四無主義の高校時代

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ