小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


固定残業代の導入には注意すべき点があります


こんばんは、東京多摩地区で小さな会社の採用・定着を支援している社労士の小林です。

最近、固定残業代に対する風当たりが強くなってきました。

固定残業代を採用している会社はブラックだから入社しない方がいいという主張をしている書籍まで発売されています。

社員の採用に支障を来す恐れもあるので、将来的には廃止した方がいいかもしれません。

しかし、現時点では、以下のようなメリットもあります。

1.時間外労働が一定時間を超えるまでは、計算する必要がないほど賃金計算が簡略化できる

2.一定時間までは、残業してもしなくても、同じ給料しか貰えないので、残業代稼ぎをする社員がいなくなる→時間外労働が削減できる→ワーク・ライフ・バランスの実現に繋がる

3.一定時間までの残業代を削減できる

4.一定時間を超える時間外手当も削減できる

以上メリットはありますが、固定残業代の導入には、いくつか注意すべき点があります。

1.就業規則、労働契約書等で固定残業代とそれ以外の賃金を明確に区別する

2.就業規則、労働契約書等で固定残業代と固定残業時間数を明示する

3.固定残業代で決められた一定時間を超えたら、超えた分の残業代を別途支払う

4.賃金を支給するときに、実際の残業時間数と固定残業代を明示する。固定時間を超えた分は別途明示する。

5.固定残業代で定める一定時間は最高でも45時間以内に抑える

以上の点に注意して、就業規則、労働条件通知書、労働契約書、賃金明細等を作成して下さい。

固定残業代についてお悩みの社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

042-558-2744

GREEN_I20140125500


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ