小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社員が定着するために、無断欠勤をしてもいい理由を決めよう


こんばんは、東京多摩地区で小さな会社の採用・定着を支援している社労士の小林です。

御社の就業規則には、以下のような規定がありませんか?

「無断欠勤が14日続いたときは懲戒解雇に処す」

懲戒解雇までいかなくても、

「無断欠勤したときは、譴責、減給又は出勤停止に処す」

でも、懲戒処分はちょっと待ってください。

社員にはやむを得ない理由があったのかもしれません。

ここはひとつ、性善説にたって、

「体調が悪い、不慮の事故に遭った等やむを得ない事由があると会社が認める場合は、無断欠勤であっても懲戒処分しない」

との一文を就業規則中に挿入してみてはいかがでしょうか。

優秀な社員には安心して働いて貰いですよね。

当然、辞めてもらいたい不良社員・問題社員には別の規定で厳しく対応する必要がありますが、ここでは省略します。

社員の定着にお悩みの社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

042-558-2744

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ