小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


テレワークの導入で社員の定着を図ろう


こんばんは、東京多摩地区で社員の採用・定着を支援している社労士の小林です。

遠距離通勤、育児・介護といった家庭の事情で、テレワーク(在宅勤務・モバイルワーク)なら働けるのに、その仕組みをどうやって導入したらいいかよくわからないばかりに、優秀な社員が退職を余儀なくされるといったことはありませんか?

テレワークができる職種は限られていますが、ここはひとつテレワークを導入して、社員の定着を図ろうとお思いの社長さん、以下のガイドブックを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ユビキタスワークスタイル(働き方)変革実践ガイドライン(第二版)

育児・介護支援には、期間限定の在宅勤務を導入しましょう。

遠距離通勤を余儀なくされる営業マンには、モバイルワーク(スマートフォン・タブレット活用)を導入すると効率が上がります。

就業規則や人事制度も、テレワークに即したものに変更しなければなりません。

例えば、勤務時間ひとつとってみても、

就業規則に定められた既存の勤務時間を勤務時間とみなす
分割した勤務を許可し、勤務時間に自由度を持たせる
深夜・早朝勤務は原則禁止とする
勤務時間を限定しない

等、色々考えられます

テレワークの導入に前向きな社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。

セミナーのご依頼も受け付けております。

電話は以下からお願いします。

042-558-2744

N866_hahaoyanoyubiwonigiruakago500

 


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ