小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


顔以外で社員が判別できますか?・・・フェイシズ


こんにちは、社長の思いを100%社員につたえる仕組みをつくる社労士の小林です。

社長さん、もし社員の顔がみんな同じに見えたら、それでも社員を判別できますか?

実は、先日WOWOWで私が大好きな女優のミラ・ジョヴォヴィッチが主演の映画が放映されたので、思わず見てしまいました

フェイシズ [Blu-ray]/ミラ・ジョヴォヴィッチ,ジュリアン・マクマホン,サラ・ウェイン・キャリーズ

¥4,935
Amazon.co.jp

 
小学校教師のアンナ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、恋人のブライスと同棲しているにもかかわらず、でBARで男あさりを続ける2人の女友達と、相も変わらず飲んでいました。

その帰り道、偶然にもアンナは「涙のジャック」なる連続殺人鬼が女性を殺害し、逃走しようとしている瞬間に出くわしてしまいます。

必死に逃げるアンナは橋から転落、頭を打つけてしまいます。

病院で意識を取り戻したものの、相貌失認、つまり人の顔が皆同じに見えてしまい、顔を見ただけでは誰が誰だか判別できなくなってしまいします。

恋人のプライスに心配を掛けたくなくて、相貌失認が完治したと思わせたいアンナは、朝、ブライスが身につけていたネクタイをモレスキン(だと思います)にイラストを描き、夜のデートのとき、あたかも、即座に顔で彼氏を判別できたかのように装います。

実は、そのイラストと同じネクタイを身につけているということのみで恋人を判別したことが、その後の展開の大きな要因となる・・・というありきたりな展開になるんですが・・・

恋人の顔も連続殺人鬼の顔も判別できなくなってしまうという設定は、ミステリー映画としては、実にうまい考え方だと思いました。

しかし、どうも腑に落ちません。

同棲までしている恋人の顔が判別できなくなったからといって、殺人鬼の見分けが付かなくなるでしょうか?

たとえ顔が同じに見えても、声は違います。表情も違うでしょう。歩き方、体型、身長だって全く同じではないと思います。

ミステリー映画として、恋人と殺人鬼が同じ顔に見えてしまい、さあ大変、という設定は見事ですが、現実にはあり得ない話ですね。

ところで、社長さん、あなたは、社員の顔が全く同じに見えてしまっても、判別できますか?

声、歩き方、身長、様々な仕草から誰か判別するのはいともたやすいことだと思います。

ほんのちょっとした違いから、社員の違いを即座に見分けて、その社員の持ち味を十二分に引き出す仕組みを作ってみませんか?

コンピテンシーなど導入する必要はありまぜん!!

高業績者の行動を全ての社員に当てはめるなんて、どだい無理な話です。

個性のある社員一人ひとりの持ち味を活かす仕組みを作ってみたいと思いませんか?

それこそが、社員のやる気を引きだし、会社の業績の向上に結びつくと思いませんか?

社員一人ひとりの持ち味を引きだしたい社長さんは、以下からお問い合わせください。

社長の思いを100%社員につたえる仕組みを作る手段として用いるのが、就業規則や人事・賃金・評価制度です。

他の社労士は、就業規則や人事・賃金・評価制度の作成そのものを目的とはしていますが、私はあくまでも手段として用いています。

ちなみに、平成25年5月現在、初回だけは、無料で相談に応じています。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ