小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


補助率1/2の助成金で受動喫煙防止対策を


厚生労働省では、5月16日から、職場における受動喫煙防止対策をより効果的に推進するために、助成金制度を改正しました。

煙草を吸う

これまで、受動喫煙防止対策助成金制度は、旅館業、料理店、飲食店を経営する中小企業事業主を対象に、職場での受動喫煙を防止するため、喫煙室の設置などを行う際に利用されてきました。

今回、助成金制度が改正され、対象事業主がすべての業種の中小企業事業主に拡大され、補助率は費用の1/4から1/2に引き上げ(上限は200万円)られ、交付の対象は喫煙室の設置費用のみに限定されました。

「受動喫煙防止対策助成金制度」を充実|報道発表資料|厚生労働省

社員の健康のため、禁煙室の設置を検討している事業主の方は以下からお問い合わせください。

初回は、無料で相談に応じています。

◆無料相談問い合わせフォーム◆

※お問い合わせ内容につきましては原則24時間以内にご連絡さしあげます。


こちらも合わせてお読みください

2012年12月16日 昆虫大好き少年時代

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

2014年04月23日
連合が情けない(>_<)

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ