小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


「中小企業技術革新挑戦支援事業」の公募


こんばんは、社長の思いを100%社員につたえる仕組みを作る社労士の小林です。

経済産業省中小企業庁は、中小企業者が自らの技術力を活用して新たな事業 につなげる機会を増やすための探索研究・実証実験(F/S)を実施する「中小企業技術革新挑戦支援事業」を実施します。
 

この事業を終了した中小企業者は、その成果を基にして各府省における中小企業向け技術開発に応募することが前提条件となります。

平成25年度事業の応募テーマは、厚生労働省「障害者自立支援機器等開発促進事業」における 開発対象テーマをふまえ、以下の4分野が対象となっています。

1.肢体障害者の日常生活支援機器の開発
2.視覚障害者の日常生活支援機器の開発
3.聴覚障害者の日常生活支援機器の開発
4.障害者のコミュニケーションを支援する機器の開発

中小企業庁:平成25年度「中小企業技術革新挑戦支援事業」の公募を開始します


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ