小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


小さな会社でも、求める人材が採用しやすくなりそうです


こんばんは、東京多摩地区で20人未満の小さな会社の採用支援をしている社労士の小林です。

今後、ハローワークは以下のような企業からの求人を一定期間受理しないことにする方針です。

1.賃金不払い残業等の労働基準法令を繰り返した場合。

2.妊娠、出産等に対する不利益な取り扱い等で男女雇用機会均等法に違反し、企業名が公表された場合。

3.育児・介護休業の取得に関し、解雇等の不利益な取り扱いで、育児介護休業法に違反し、企業名が公表された場合。

 

逆に、以下のような企業に対しては、厚生労働省が優良認定する方針です。

1.新規学卒者の定着率が高い。

2.育児休業取得率、年次有給休暇取得率が高い。

3.残業時間が短い。

4.若者の育成に熱心に取り組んでいる(計画的な社内教育を行い、その内容を公表している等)。

実力を有し、若者の採用・育成に積極的に取り組んでいる中小企業はあります。

しかし、知名度等の点から若者の採用面に課題を抱えているのが実情です。

そういった中小企業の情報発信を支援することで、当該企業が求める人材の円滑な採用を支援し、マッチングの向上を図るのが優良認定制度です。

求人に、多額の費用がかけられない中小企業は、優良認定制を利用することで、求める人材の採用がしやすくなりそうです。

労働政策審議会建議-若者の雇用対策の充実等について-

PAK85_oyakudachisimasu20140830500


こちらも合わせてお読みください

2014年01月28日 職場に広がる孤独感

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ