小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


教員には恵まれなかった


高校時代は、デモシカ教員(ご存じですか。昔は教員になるのが簡単で、簡単に教員になることができ「教員にデモなるか。教員にシカなれから」という理由で教員なった連中が沢山いました)に対する反発が強烈で授業など全く聴いていませんでした。

本当に、教員には恵まれませんでした!!

数学の教師など最たるもので、自分は東工大卒のエリートかもしれませんが、とにかく、生徒をバカにする。

数学の問題が解けない生徒に対し「バーカ、こんな問題も解けないのか。そんな奴はさっさと高校をやめて蕎麦屋の出前をしろ!!」と、毎日とんでもない暴言を吐いていました。

いまでも、高校の同級生と、当時の話になると、あの数学教師はひどかった、トラウマになっている、と・・・

あれはど、ひどすぎた教員は他にはいなかったものの、小学生時代から高校生時代にかけて、恩師などと呼べる存在は1人もいません。

とにかく、教員の質が悪すぎた。彼ら彼女らはアタマはいいかもしれません。小学校から大学まで偏差値の優等生だったのでしょう。

しかし、勉強の楽しさ、学問の美しさなど教えてくれた教師などひとりもいません!!

生徒に要求するのは暗記力だけ。

壮大な歴史の流れの面白さ、数式の美しさなど教えてくれる教師がひとりでもいてくれたら、と悔しくてたまりません。


こちらも合わせてお読みください

2012年12月16日 化学大好き少年時代

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ