小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


育児休業給付金の取扱いに変更があります


平成26年10月1日から育児休業期間中に就業した場合の育児休業給付金の取扱いが変わります。

今までの育児休業給付金制度では、支給単位期間(1ヶ月)に11日以上就業した場合、その支給単位期間について給付金は支給されませんでした。

平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間からは、支給単位期間中に10日を超えて就業した場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下のときは、育児休業給付が支給されることになりました。

ikuji1

 

育児休業期間中の就業の取扱いの変更に伴い、平成26年10月1日から「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付金支給申請書」の様式も変わります

ikuji2

就業日数が10日を超える場合は就業時間の確認が必要になるため、支給申請書の他に、タイムカード、賃金台帳、就業規則など就業時間や休憩時間が分かる書類を提出する必要があります。

以上の変更事項は、平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間から適用となります。

9月30日以前に開始した支給単位期間の取扱いについては、変更がありません。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000042797_2.pdf


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ