小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社会保険の資格取得手続に若干の変更があります


社会保険(健康保険・厚生年金)の被保険者資格取得手続に関して、平成26年10月から若干の変更があります。

これは、日本年金機構がマイナンバー(個人番号)の導入に向けて取り組むものです。

同機構では、新たに基礎年金番号を付番する際に、住民票上の住所をもとに住民票コードを特定し、収録することにしています。

したがって、

被保険者の資格取得時において

1.基礎年金番号を持っていないか、確認できない

2.住民票の住所以外に郵便物が届く

の両方に該当する人が入社した場合は、資格取得届の備考欄に住民票上の住所をあわせて記入することになります。

近いうちに資格取得届の様式が変更になり、住民票上の住所記載欄ができるかもしれませんね。

 

それから、もうひとつ

外国人の厚生年金被保険者資格取得届、厚生年金被保険者氏名変更届、国民年金第3号被保険者関係届(資格取得・氏名変更)を提出する際には「ローマ字氏名届」の提出が必要になります。

外国人の場合、カタカナだと様々に表記されがちで、いくつも基礎年金番号を持ってしまうことがありますからね。

そうそう

名字と名前が「名字 名前」の順ではなく「名前 名字」の順で年金手帳が発行されてしまうこともあります。

姓名の順も気をつけなければなりませんね。

日本年金機構からのお知らせ

 


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ