小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社員の自律を促す超簡単な方法


小さな会社の社長が社員に望んでいるのは、社長に言われたことだけをやるのではなく、言われたこと以上のことを自ら進んでやること、自ら進んで、工夫・改善をして、社長がして欲しいことを先回りしてまでやって欲しいということです。

うちには、指示を待っているだけの社員、言われたことだけしかしない社員しかいない、などとお嘆きの社長様、そんな社員が表れてくれないかなあ、などと、神に祈っても、そんな社員は零細企業にはなかなか入社してくれませんよ。

]gl)h

それなら、やる気のない社員でも、やる気を出して、言われたこと以上のことを喜んでやる仕組みを作ればいいんです。

いや、仕組みなどと大げさなことではなく、まずは、ほんの些細なことから始めましょう。

「君はどうしたいの?」と聴いてみましょう。「なら、やってみなさい。責任は社長の私がとるから」と言われば、社員のやる気に火が付きます

社長は自分のことをこんなに信頼してくれているんだ。よーし、やる気が出てきたぞ、となります。

社員に対する全幅の信頼。社員は、その信頼に答えようとして、自律心が高まり、成長します。

下記の本117ページを参考にしてみました。

職場活性化の「すごい!」手法 (PHPビジネス新書)/大塚 寿

¥840
Amazon.co.jp


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ