小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


零細企業も適切に消費税の上乗せを


こんばんは、零細企業の社長の味方、社労士の小林です。

4月から消費税が8%に引き上げられることから、社長のところにも取引先等から、続々と消費税引き上げに伴う価格改定のお知らせが届いていることと思われます。

社長の会社でも、製品に消費税を上乗せする予定でしょうか。

経済産業省は、3月~4月に転嫁拒否行為が多く発生するおそれがあることから、3月4月を「消費税転嫁対策強化月間」と位置づけています。

公正取引委員会とも連携して、監視・取締り、広報・事業者からの相談対応を強化し、転嫁拒否の未然防止、違反行為への迅速な是正を行う、としています。

零細企業の場合、転嫁拒否の取り締まりだけで、消費税を上乗せした金額を請求できるでしょうか。

得意先に遠慮して、消費税の上乗せができない、ということもありそうです。

5%の消費税までは、価格転嫁を我慢できても、8%では厳しいでしょう。

さらに10%になれば、我慢も限界を超えてしまいますよね。

同省は、3月、4月は土曜日(3月末からは土曜・日曜)も消費税転嫁に係る電話相談を受け付ける、としています。

悩んだら、まずは電話してみるのがいいと思います。

中小企業庁:3~4月は消費税転嫁対策強化月間です!

PAK83_108encoin20140304500


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ