小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


中小ものづくり事業者に1,500万円の補助金


こんばんは、製造業を支援する社労士の小林です。

平成25年度補正予算事業として「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」(ものづくり補助金事業)が組まれることとなりました。

1,400億円の予算となり、年度の1,007億円から大幅な規模拡大となります。

申請する条件として

1.「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用していること

2.革新的なサービスの提供などを行い3~5年計画で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成する計画であること

3.発注元事業所の閉鎖・縮小により10%以上売上減少が見込まれること

4.耐用年数超過設備の新陳代謝を目的とした大規模(総資産15%超)計画であり、地域金融機関からの融資や事業計画策定支援等をうけること

以上いずれかの要件を満たす必要があります。

最高で1,500万円ほどの助成金が支給されます。

中小ものづくり補助金に1,400億円 中小企業庁

043155


こちらも合わせてお読みください

2012年12月16日 小学校入学

小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ