小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


「ものづくりマイスターデータベース」のご紹介


こんばんは、東京多摩地区の製造現場で社員が生き生きと働くことができる仕組みを作ることができる社労士の小林です。

かねてより、厚生労働省は「ものづくりマイスター制度」を設けていましたが、今般「ものづくりマイスターデータベース」を作成、公開したところです。

「ものづくりマイスター制度」においては、高度な技能をもったものづくりマイスターが技能競技大会の競技課題等を活用し、中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行っています。

対象分野は建設業および製造業に該当する111職種です。

「ものづくりマイスターデータベース」では、111職種の紹介をはじめ、日本全国のマイスターを検索することもできます。

御社の社員も、ものづくりマイスターとして、厚生労働省のデータベースに登録してみませんか。

ブランドがぐっと上がりますよ。

ものづくりマイスターデータベース
https://www.monozukuri-meister.javada.or.jp/mm/mm/contents/home/

OZP_senbanwoganbaru1188500


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ