小さな会社の社員が成長する仕組みを作る社労士小林のブログ


社会保険未加入の建設業者は排除されます!!


こんばんは、闘わずして労務トラブルに勝つ社労士の小林です。

うちには、製造業と並んで建設業、運送業のお客さんも多く、社会保険未加入の会社も・・・

建設業や運送業には、社会保険未加入の会社が多いのが特徴です・・・でした、というべきかもしれません。

社会保険加入を望まない従業員が多く、会社もまた、社会保険未加入によって、入札の競争優位に立てるという事実があります。

その建設業、運送業を狙いうちしたかのように社会保険未加入の事業所に対し、最後通告のような形で年金事務所から、今月中に社会保険加入の手続をしろ、と通知が届いているようです。

社会保険未加入だったうちのお客さんも、重い腰を上げ、加入してくださいました。

ところで、国土交通省は、社会保険未加入の建設業者を、公共事業の元請と一次下請に参加させない方針を明らかにしました。

下請企業の選定時に、加入状況の確認・指導し、遅くとも平成29年度以降は、未加入企業を下請企業に選定しない取扱いです。

将来的には二次下請以下からも排除する予定です。

未加入業者への指導を強化し、平成29年度には加入率100%を目指しています。

国土交通省の狙い通り、不公正な競争がなくなり、企業間の健全な競争環境が構築され、技能労働者の処遇が向上、持続的な発展に必要な人材の確保が進む、といった好循環となればいいのですが。

なんだか、一人親方が増えそうな予感がします。

建設産業・不動産業:建設業の社会保険未加入対策について – 国土交通省

pp_kensetu500


こちらも合わせてお読みください


小林明


東京多摩地区で20人未満の小さな会社の社員定着と成長を支援しています。
入社してもすぐ辞めてしまって定着しない。
定着しても、成長しない。
言われたことしかやらない。
業績アップに貢献してくれない。
そんな社長のお悩みを解決します。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー


このページのTOPへ